8月9日

本日、66回目の長崎原爆の日を迎えました。
8月6日の広島、9日の長崎
最初で最後に戦争で使用された原爆により
多大な被害を受けた人々を思うと
身震いするほどの恐怖に苛まれます。
今年、3度目の原爆と思える事件
福島での原発事故
戦争で、被った原爆のように
一瞬で多く方々が奪った武器でもありませんが
被災地域は、広島・長崎の原爆の比ではないほどの広範囲が被りました
二度と繰り返したくない事件です
核の処理・制御(コントロール)方法もしっかりと確立されていない現在
原子力利用は、未だ時期尚早だったのではないでしょうか?
66年前に原爆の被害に遭われた人々に合掌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする